【書評】ウィルゲート 逆境から生まれたチーム

同業他社として、業界では有名なウィルゲートさんが本を出しました。
SEOに関する書籍では無く、起業に関する成り立ちと、現在に至るまでの苦労や経験について書かれていました。

SEO事業への本格参入のきっかけについても記載されていますが、ウィルゲートが歩んできた道のりについてが書籍の内容の中心です。
一言で、とても面白かったです。

これから起業される方や起業された方に響く内容

この本に書かれている小島社長は、ご自身が著書の中で触れている通り、決して才能に恵まれ、全てがうまくいった訳ではありません。
むしろ、失敗して、悩んで苦しんで、それでも諦めず支えられて、そして突き抜けた先に今がある。
そんな事が書かれています。

組織で社員との関係に悩んだり、事業を撤退した事で仕事が無くなった社員を出してしまったり、役員と社員とのコミュニケーションロスで不和を生じさせてしまったり。。

こういった何処かの会社で、実際に起きていそうな事が小島社長の元でも起こっていました。

その場で気付けず、社員に裏切られ、心無い仕打ちを受け、、といった事も繰り返されてきた様子です。
最終的に自分に何が足りなかったのか?を気付き、見事にV字回復させた訳ですが、とても色々な痛手を伴うものだったと思います。
この辺りの小島社長の苦悩に関しては、全編を通じてリアルに書かれているので、是非とも読んでみて欲しいと思います。

吉岡専務の支え

書籍を読むと分かりますが、小島社長が高校生の頃からネットショップを始めて、Webマーケティングの事業を開始し、SEO事業をスタートするまで、ずっと傍らで支え続けたのは、幼馴染の吉岡専務の存在が大きいとあります。

小島社長が吉岡専務に要求するレベルは常に高く、小島社長を信じて、ひたむきに努力をする吉岡専務の努力も凄まじいものがあります。

僕も仕事をしているので、その凄さを具体的に垣間見る事が出来た部分があります。
吉岡専務が一時期、100社弱のクライアントのコンサルと、請求などそれに付随する一切の業務を引き受けていた、
と書かれている部分です。

どれ位、顧客と関わるかによって、一概には言えない部分ではあるかと思いますが、SEO事業の責任者として取りまとめを行いながら、この量の業務をこなすのは並大抵ではないと思います。
書籍にある通り、人の5倍は仕事をしていたでしょう。

2人の信頼関係が今日のウィルゲートを築いたんだな、と思いながら、ウィルゲートさんのサイトを見ると、また違った目線で見れますね。

今回の記事のまとめ

全くメインの部分ではないが気になる部分も多々ありました。
例えば、小島社長が小学校入学時に骨折をしたエピソードが書かれている部分があるのですが、その中でお兄さんの存在が出てきます。
大人になってから当時のレアカードの事とかで揉めなかったのかな?とか。

実名で記載されていませんが、買収騒動時に揉めたAという人物については気になりました。
テレビに出るような人ですか。。
誰だ。。

本論から外れましたが「逆境から生まれたチーム」とある通り、ウィルゲートが大切にしている理念などは、その逆境から得られたものだそうです。
実体験に基づく貴重な学びを活かしているウィルゲートはこれからも「圧倒的な成長」をするのだろうな、と思いました。

同業他社ではありますが、個人的には応援したくなる企業でした。

ウィルゲート 逆境から生まれたチーム [単行本(ソフトカバー)]
ウィルゲート 逆境から生まれたチーム
著者:小島 梨揮
出版社:ダイヤモンド社
発売日:2012/4/6

※本ブログに記載されている情報は、私の見解に基づく場合が多々ございます。
 掲載記事を参考にした事による損害については、その責任を負いかねます。
 自己責任で、掲載情報を参考にして頂ければと思います。



記事の内容は気に入っていただけましたか?
もしも気に入って頂けましたら、下のボタンから共有をお願いします。
共有して頂けますと、運営者がとても喜びます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

ページトップへ