2012年に起こったSEO関連の重要な情報や変化まとめ

もうすぐ2012年も終わります。
2012年はSEO業界にとって、特に変化の激しい1年だったかな、と思います。
ざっとではありますが、1年間を振り返り、今年何があったのか?を改めて見てみたいと思います。
参考リンクと共に表示していますが、あまり数が多すぎても見にくくなると思いますので、ピックアップして掲載させて頂きます。

Googleからの警告メッセージ祭りで始まった2012年

2012年は、Googleがウェブマスターとの対話を行うとの事で、約70万通の警告メッセージを送付したと話題になりました。
約2ヶ月で、2011年のメッセージ総数を超えていたそうです。
この時期、不自然なリンク警告のメッセージに頭を抱えたウェブマスター、SEO業者の方も多かったのでは無いでしょうか?
僕も苦しんだ一人ですw

この時に貰った不自然なリンク警告の解除が未だに終わらない、という方もいらっしゃるのでは無いでしょうか?
同時に不自然なリンク警告は無視しろ、という情報も広がりました。
Googleからのトラフィックが必要であれば警告無視はしない方が良いでしょう。

参考
7月には、不自然なリンクが付いている可能性があるサイトへも警告メッセージを送付する、という事もありました。
直近で大変動があったばかりでしたので、かなり混乱があったのを覚えています。
メッセージにイエローフラグがあるか無いかで判断して欲しい、というGoogleからのメッセージもありました。

参考

Googleアカウントログイン時のSSL化や、セマンティック検索、SPYWが話題に

Googleがログインしているユーザーの検索情報を取得できなくした事が話題になりました。
Googleアナリティクスで、流入キーワードに(not provided)という表記の割合が増えて来たのでは無いでしょうか?
僕のブログは現在52%まで増えています。。

Search Plus Your Worldとの関連も注目されましたね。
それとセマンティック検索という言葉も出始めました。

参考

ペンギンアップデートが登場

過剰SEOへの制裁を与えるアルゴリズムが登場しました。
最初はWebspam Algorithm Update(ウェブスパム・アルゴリズム・アップデートと呼ばれていましたが、後にペンギンアップデートという名前がつきました。
この時、日本にはパンダアップデートが導入されていませんでしたので、パンダアップデートとの違いなどについての情報も出ていましたね。

参考

ナレッジグラフが登場し検索結果に変化が

日本へ導入されたのは最近ですが、海外では5月中旬に話題になりました。
有名人や、歴史上の人物など、メジャーな固有名詞を検索すると表示されます。
これがGoogleが膨大なデータを基に構築した新しい検索の形なのでしょう。
意味を理解する検索エンジンへと進化しました。

参考

日本への導入に関する記事

Google+と各種連携が強化

検索結果に著者情報の表示が可能になりました。
個人ブロガーなら、是非とも設定しておきたい機能です。
Google+のアカウントと紐付けて、検索結果に自分のサイトが表示された時に、著者名と顔写真が表示される様になっています。

また、GoogleプレイスとGoogle+が統合しています。
Google+の存在感が少し大きくなりました。

参考

パンダアップデート日本へも遂に導入

英語圏では、大きな順位変動などがあり話題になっていたパンダアップデートが日本にも導入されました。
2011年2月に英語圏で導入されてから約1年5ヶ月が経過してからの日本導入となりました。
日本導入時の検索結果への影響は5%未満とされていましたが、同時期に大きな変動があり、かなりの影響があった様にも感じられました。
俗に低品質、中身の無いと言われているコンテンツを放置しておくのが怖い状態になりました。

参考
パンダアップデートとは違う様ですが、日本向けに導入されたパンダアップデートの様なアルゴリズムの導入もありました。
独自コンテンツをより高く評価するために

Googleが満を持してリンクの無効化ツールをリリース

ネガティブSEO問題や、スパミーなリンクの無効化を行う事が出来るツールがリリースされました。
Bingは、Googleよりも前にリリースしており、Bingの後に続いてGoogleがリリースしたという珍しい事例です。
無効化を行い、警告が解除された事例は数少ないですが、今後増えてくるかも知れません。
リンクの否認ツールと呼ばれており、必ずしも無効化される訳ではない様子です。
何度も警告を受けてはリンクを無効化する、という使い方は出来ない事に注意しましょう。

参考

今回の記事のまとめ

ここには、主要なものを抜き出して記載しましたが、他にも色々なアップデートがありました。
ファーストビューに大量の広告があるサイトへ影響を与えるページレイアウトアルゴリズムや、クエリと完全一致しているドメインの評価を下げるEMDアップデート、著作権侵害サイトの評価を下げるエマニュエルアップデートなど、細かなものも沢山ありますね。
個人的には、Googleプレイスの順位に影響を与えるヴェニスアップデートも気になりました。
検索周りではありませんが、Facebookページの仕様が変わり、タイムライン表示になったのも2012年3月からです。

皆さんのサイトは、アルゴリズムの変更や、大きなニュースがある度に一喜一憂する、といった事はありましたか?
今年は、特にGoogleのスパムへの対応が厳しくなった年だと感じます。
来年が今年よりスパムへの対応が緩くなる事は考えにくいでしょう。

少なくとも、今年以上に安定したサイト運営を行える様な1年にしたいですね。
このブログの情報が、少しでもお役に立てましたら幸いです。


※本ブログに記載されている情報は、私の見解に基づく場合が多々ございます。
 掲載記事を参考にした事による損害については、その責任を負いかねます。
 自己責任で、掲載情報を参考にして頂ければと思います。



記事の内容は気に入っていただけましたか?
もしも気に入って頂けましたら、下のボタンから共有をお願いします。
共有して頂けますと、運営者がとても喜びます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

ページトップへ