順位が上がらない理由が必ずしもペナルティとは限らない

日々、クライアントや競合サイトの順位動向やサイトの内部を確認していると、
「何でこのサイトの順位が上がらないんだろう」という事があると思います。

恥ずかしながら、私もありますw

先に言いますが、今回の記事のオチはタイトルの通りですw

サイトの内部をチューニングし、コンテンツを追加し、ソーシャルメディアを利用したとしても
一向に上がらない、という事もあるかと思います。

そんな時はウェブマスターツールを利用し警告メールが来ていないかを確認する事をお勧めします。

先日の記事にも書きましたが、意図せずに追加したコンテンツがGoogleからスパム扱いされている
という可能性もあります(先日の記事の事例では特に警告は届いていませんでした)

最近、何かと話題になっている被リンクに関するGoogleの対応により、
被リンクに関する警告が届いているサイトが多数あります。

また、特に警告が届かなくても順位が急激に下落する、という事例もあるそうです。

ウェブマスターツールから再審査リクエストは特に警告を受けていなくても送信可能です。
日々、何万という再審査リクエストを受信してるGoogleから返信がある事は稀ですが、
きちんと返信が来る事があります。

今回、GoogleWebSpamチームから届いた貴重な再審査リクエストへの返信をご紹介致します。

ウェブマスターツール返信テキスト

再審査リクエストへの返信



先に書きますと、再審査リクエストを出してから大体8日程で返信がありました。

内容を見て頂けると分かるかと思いますが、
Googleでは、あなたのサイトをスパム判定はしていません。
色々な評価項目から総合的に順位を決めていますので、
更に最適化を頑張ってください。

という内容でした。

返信があった喜びがあった反面、施策方針変更を余儀なくされてしまいました。

言い訳ではありませんが、
SEOでは失敗の経験は非常に重要だと考えています。

結果を出せなかったから次はより良い方法で最善の結果を出そう!
というきっかけになります。
いつの間にか時代遅れのSEOをしていた、なんて事の無いように
日々、結果に対して真摯にコミットを行う必要があります。
”絶対に”結果を保証できないSEOだからこそ真摯な対応と説明責任を果たすことが大切です。

最後に、ウェブマスターツールから届いていた返信の最後にあった

検索結果の上位にサイトが表示されないその他の原因については、こちらの記事をご覧ください。

へのリンク先をご紹介致します。
サイトの検索順位が上がらない - ウェブマスター ツール ヘルプ http://support.google.com/webmasters/bin/answer.py?hl=ja&answer=3444



順位が上がらない理由はペナルティとは限りません。
クライアントには言いにくいかも知れませんが説明責任を果たし、
施策方針の変更を説明する事も僕たちには必要なのかも知れません。
※本ブログに記載されている情報は、私の見解に基づく場合が多々ございます。
 掲載記事を参考にした事による損害については、その責任を負いかねます。
 自己責任で、掲載情報を参考にして頂ければと思います。



記事の内容は気に入っていただけましたか?
もしも気に入って頂けましたら、下のボタンから共有をお願いします。
共有して頂けますと、運営者がとても喜びます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

ページトップへ