Bingの検索エンジンとしての強みとrobots.txtへの対応状況の考察

GoogleやBingのインデックス状況

先日、robots.txtに意図的にdisallow: /を記載するとどうなるのか? という実験記事をアップしました。 僕が実験したのは2011年10月の初旬頃で、アップして2日後にはGoogleからキレイさっぱりインデ・・・

SEO施策後の3つの変化と対応すべきサイト設計

SEO対策をしていると、サイトへの流入に関しての変化についてお聞きする事が多くあります。 SEOの本来の意味は「検索エンジン最適化」ですので、検索エンジンに対しての最適化をする事で変化すべき事象はもちろんあります。

canonicalタグはソーシャルボタンの挙動にも影響する

SEO業界は本当に流れの速い業界で、昨年の同時期にはあまり一般的では無かったものが、今では定番になっている、というものも少なくありません。 その中の1つがソーシャルボタンだと思います。 昨年の同時期に比べると、その普及率・・・

【実験報告】意図的にインデックス削除させた後の再インデックス方法

SEOを行う上で、挙動がしっかりと分かっていない機能を使う事は予想以上に恐ろしい事態を招く可能性があります。 今回はそんな恐ろしさの一端を見て頂きたく(笑)、robots.txtに関する実験を記事にしました。

被リンク警告後もSEOを信じてくれたなら最大限の対応を

先日の記事でも書いた通り被リンクの警告を受けた後で、自演リンク施策を行うという豪気な事をするのはお勧めしません。 当然ですよね。 被リンクで警告を受けているんですから。

Yahoo!とGoogleのサイトリンク表示の差異と課題

Googleで[NASA]と検索した時のサイトリンク表示

自分の管理しているサイト名が有名である場合、サイトへの流入キーワードで最も多いのがサイト名(ブランド名)になっている、という方も多いのでは無いでしょうか?

SEOを成功させるためのコンテンツ作成方法とは

SEOの現場でコンテンツを作りましょう、と提案すると無意味なページを量産してしまい、全く意味が無かった、という事が起こる場合があります。 そもそも、相手への伝え方の問題もありますが、コンテンツ作成の依頼をしておきながら、・・・

Googleは再審査リクエスト後の返信には素気ない

先日、Googleはバックリンクの情報を開示しないと公式に発表しました。 リンク情報を提供することが必ずしも最良では無い事が、その理由だそうです。

SEO関連の書籍から学べる事は、まだまだ沢山ある

SEOを強化する技術

私がブログを始めて2か月が経ちました。 実はブログを始めるまでに書く事を何となく決めていました。 ただ、実際に始めてみると、自分が想像していた書きたいテーマよりも違う方向のテーマで記事を書く事が増えています。

SEO業者が受注までに行うべき対応2点と必要なスキル

私はSEOディレクターとして基本的にバックオフィスで仕事をしていますが、わりとフロントサイドに近い所で仕事をしています。 ただ、エンジニアと施工方針を決めたり技術的な相談をしたり、また、最前線でお客様の対応にあたる営業サ・・・

ページトップへ