Googlebotが長期間サイトにアクセス出来ないとトラフィックが激減する

Googlebotがサイトにアクセスできません
ウェブマスターツールに、このメッセージが届いた事のある方は、結構いらっしゃるのでは無いでしょうか?
知人のサイトに、2ヶ月感ほど連続で、このメッセージが届き、その後、検索トラフィックがゼロになる、という事例がありましたので紹介させて頂きます。

Googlebotがアクセス出来ない状態=サイトが見れない状態と判断される

サーバーメンテナンスなどで、一時的にサイトが見れなくなり、冒頭で紹介した「Googlebotがサイトにアクセスできません」のメッセージが届く事はあります。

それ以外にもGooglebotがアクセスした際に、Googlebotのみがブロックされていたり、サーバーがビジー状態だったり、などなど。
多くの場合、サーバー関連の不具合が原因、という場合が多いでしょう。

これはGoogleからすると、サイトにアクセス出来ない=サイト内が確認出来ない状況となりますので、確認の為、クロールの頻度を下げて、改めてクロールしようと試みます。
重要な事としては、ブラウザなどでアクセス出来ていても、Googlebotがアクセスできなければ、そのサイトは見れない状態だ、と判断されてしまう事です。

ブラウザから見て問題ないな、と安心するのは危険な可能性もありますので、実際にGooglebotからどう見えているのか?をウェブマスターツールから確認する事をお勧め致します。

Fetch as Googleを使用する事で、実際にGooglebotがアクセス可能か?
そもそも、自分のサイトがどうやって見えているのか?を確認する事が出来ます。

以前、記事に書いた事例ですが、ブラウザの表示は問題無かったがGooglebotからは文字化けして見えていた、という事例を紹介しました。

よくあるメッセージも長期間放置するとトラフィックが激減する

たまたま、1度だけGooglebotがアクセス出来なかったくらいでは何の問題もありませんが、例えば1ヶ月とか2ヶ月、Googlebotがアクセスする度に、このエラーが出ていた、としましょう。
今回紹介する事例は、その状況になったサイトの検索トラフィックです。
最初に結論を書いた通り、検索トラフィックがゼロになりました。
ユーザー側からは見えていても、Googlebotがアクセス出来ないサイトは「閲覧不可能」なサイト、とされてしまうのです。
しかも、クロール頻度を抑えてアクセスしたのに、何度も同様の状況が続いたので、サイトが停止している、と思われたのでしょう。

今回のサイトの事例はゲームの攻略サイトで、ゲーム名で調べると公式サイトの次の順位で表示されていました。
他の攻略サイトと比較しても、かなり評価されていたと思います。

2012年11月30日から「Googlebotがサイトにアクセスできません」のメッセージが届き、10日に1回くらいのペースで、同様のエラーが届いています。
Googlebot がサイトにアクセスできません

サイトのメンテナンスが出来ず、気付いた時にはトラフィックが激減したそうですが、サーバーの問題が解決後、すぐにトラフィックが回復しています。
1月8日にも、1度トラフィックがゼロに近い水準まで低下していますね。。
検索トラフィックの増減推移

人間とクローラーは全く別のものですので、ウェブマスターツールにメッセージが来ていても、ブラウザからは問題なく見えるから安心だ、と考えるのは危険な場合があるな、と改めて思いました。

今回、紹介したサイトは、一時的に検索結果から消えたそうなのですが、Googlebotがアクセス出来る様になった直後から、メインのキーワードに関しては元の順位で復活したそうです。
検索トラフィックを見ると、割と急激に減って、すぐに元の水準近くまでトラフィックが回復していますよね。

何らかの理由(誤ってインデックスを消去してしまったり)で検索結果から一旦消えたサイトは、その問題の改善後、緩やかに順位やトラフィックが戻るイメージがあったのですが、今回の様に割とすんなり回復する事もあるんだな、と思いました。
警告を受けたりしていないので、当然と言えば当然とも言えますが。

今回の記事のまとめ

あまり気にし過ぎても、サイト管理が大変になりますが、放置し過ぎは、やはり危険です。
目視でのサイトチェックも大切ですが、SEOを考慮する以上、定期的なクローラビリティチェックも欠かさずに行いたいですね。

最近のGoogleは、ウェブマスターツールに積極的にメッセージを送ってくれる様になっています。
このメッセージを確認する事はもちろんですが、インデックスステータスや、クロールエラーも確認する様にしておきましょう。
先ほども紹介した「Fetch as Google」を活用し、Googlebotがアクセス出来ているか、正しく表示されているか、も確認したい所ですね。

今回の件とは異なりますが「マルウェア」に感染しているサイトも検索結果からは除外されます。
日頃からパスワードの管理にも注意しましょう。

ページをインデックスさせる事と、クローラビリティを意識する事はSEOの基本です。
ユーザーには質の良いコンテンツを、Googlebotには、スムーズなクローリング可能な環境を提供してSEOをより良いものにしましょう。


※本ブログに記載されている情報は、私の見解に基づく場合が多々ございます。
 掲載記事を参考にした事による損害については、その責任を負いかねます。
 自己責任で、掲載情報を参考にして頂ければと思います。



記事の内容は気に入っていただけましたか?
もしも気に入って頂けましたら、下のボタンから共有をお願いします。
共有して頂けますと、運営者がとても喜びます。



“Googlebotが長期間サイトにアクセス出来ないとトラフィックが激減する” への2件のフィードバック

  1. […] アクセス出来なかったせいことにより、検索結果に表示されなくなった事例が、SEO Imagination!のGooglebotが長期間サイトにアクセス出来ないとトラフィックが激減するで公開されています。 […]

  2. そふ より:

    一日ドメインが停止された結果(1日で戻しはしました)、
    3日後くらい(昨日)に検索順位が全てマイナス50位くらいの動きを示しました。
    100%のDNSエラーを吐いていました。
    これは順位が復活すると見ていいんでしょうかね・・・?
    上がらないと本当に困りますね・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

ページトップへ