【SEO基礎知識】マシンリーダブルを意識したテキストの作成方法

Googleにサイトの内容を伝える為に、最も効果的なのはテキストコンテンツです。
画像の内容については、理解出来ない、と言われています。
Webサイトにおいては、テキストコンテンツが、最も基本的な表現方法でしょう。

今回は、上手にテキストの内容をGoogleに理解させる為に必要な事柄について、まとめたいと思います。

マシンリーダブルを意識する

マシンリーダブル、というのは、機械にとって理解しやすい文章を指します。
SEOを意識するなら、Googleにとって分かりやすい文章、という事になります。

マシンリーダブルを厳密に行うと、とても難しいと思うのですが、一般のWebマスターの方が気を付けた方が良いレベルは、それほど難しくありません。
社内でライティングのルールとしておくと良いと思います。

以下に、ポイントを羅列します。

見出し、段落、強調、箇条書きを適切なタグを使用して表現する

特に見出しと、本文を1つのかたまりとして配置し、適切なタグを使って表現する事は、マシンリーダブルに置いては重要でしょう。


リンク先の内容はアンカーテキストに含める

「こちら」や「ここ」といったアンカーテキストにリンクを設置するのでは無く、「SEOに関する基礎知識はこちら」や「上手なタグの使い方」といったテキストにリンクを設置する事が望ましいでしょう。
リンク先のページとの関連性も強化されますし、Googleに内容を伝える手助けも出来ます。


単語の途中にスペースや記号の挿入をしない

単語の間にスペースや記号を挿入してしまうと、文字と文字が別々の意味だと理解されてしまいます。

例えば、
「SEO」を「S E O」と記載したり「S☆E☆O」と記載すると「SEO」という単語が「S」と「E」と「O」という個別の単語として読み取られてしまいます。

簡単に説明しますと、Googleは「形態素解析」と言って文章を細かな単語に分解して理解しています。
スペースや記号などで単語の途中で文字を区切ってしまうと、意味が伝わらない可能性がある、という事を理解しましょう。


単語の表記は統一する

例えば「メアド」と「メルアド」は同じ意味で使われている言葉ですが、それぞれの検索数や検索するユーザー層は微妙に異なる可能性があります。
ターゲットとするユーザーや検索数に合わせて表記ルールを統一し「メアド」と「メルアド」の混在は避けるようにした方が良いでしょう。

特に、titleタグ、見出し、強調、で使われている単語の表記は統一する事をお勧め致します。
昨年、単語の表記について気になったので少し調べたのですが、複数の表記をバラバラにページ内で使った場合よりも、統一した場合の方が、その単語でのページの評価が上がった、という事がありました。

マシンリーダブルとは関係なくなってしまいますが、表記が統一されていた方が読みやすいと思います。


画像、動画、音声などのコンテンツはテキストで内容の補足をする

冒頭にも書いた通り、Googleは、画像や動画、音声などの内容を理解する事が出来ません。
画像でしたら、alt属性や、キャプションなどで画像の意味を補足すると、Googleに伝わりやすいと思います。

動画や音声も、それぞれのファイルの説明を記載したり、文字起こしをする事も効果的でしょう。
意味が伝わらないファイルに関しては最低限の説明だけでも、テキスト情報で行う事が大切です。

SEOに縛られ過ぎてコンテンツ作成の手を止めない

何故、今回、この内容の記事を書いたのか?という事なのですが、SEOを意識しすぎて、今、サイトを作る時のライティングが正しいのか、正しくないのか分からなくて、制作が進まなくなった、と言われた事があったからです。
これは本末転倒で、細かなテクニックで差が付くことは、ほぼ無いと思います。

マシンリーダブルを意識していないサイトでも内容が素晴しければ、リンクを獲得したり、ソーシャル上で拡散してGoogleから評価され、検索流入を得る事は可能でしょう。
もちろん、マシンリーダブルを意識すると、より評価されるとは思いますが、大切なのは、他のサイトからのリンクや、ソーシャルメディアなどでの評価でしょう。

SEOに縛られて、コンテンツの制作が進まない、という状況にならないように注意して下さい。
サイト内に何もなければ、SEOも何も関係無いですよね。

今回の記事のまとめ

テキストコンテンツは、Webでの表現の中では最もメジャーなものでしょう。
Googleもテキストコンテンツを最も評価しています。

そのテキストコンテンツも、ちょっとした注意で上手に伝える事が出来るようになりますし、誤った表記をする事で、その意味が全く伝わらない、という事もあり得ます。
せっかくのコンテンツですから、完璧に意味が伝わる様に工夫して欲しいと思います。
ただし、SEOに縛られすぎて先に進めない、という状況は避けましょう。
大切なのは、人に評価される内容です!


※本ブログに記載されている情報は、私の見解に基づく場合が多々ございます。
 掲載記事を参考にした事による損害については、その責任を負いかねます。
 自己責任で、掲載情報を参考にして頂ければと思います。



記事の内容は気に入っていただけましたか?
もしも気に入って頂けましたら、下のボタンから共有をお願いします。
共有して頂けますと、運営者がとても喜びます。



“【SEO基礎知識】マシンリーダブルを意識したテキストの作成方法” への1件のコメント

  1. […] SEO Imagination!の【SEO基礎知識】マシンリーダブルを意識したテキストの作成方法という記事では、検索エンジンにコンテンツの内容を伝えやすくする考え方がわかりやすく解説されていま […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

ページトップへ