当サイトが「サイトがハッキングされている可能性があります」を受信した理由と対処方法

前回、Googleから「サイトがハッキングされている可能性があります」という警告が届いた事例を記載しました。

今回は、なんと当サイトが警告を受ける事になりましたので、その顛末と対処方法について記載します。
個人的には面白くて貴重な体験ができました。

当サイトへ「サイトがハッキングされている可能性があります」の警告が届く

正直、びっくりしました。
パスワード管理やら何やらには、結構気を使っているので、まさか、という気持ちがありました。
自分のサイトが被害に会うなんて考えても見ませんでしたので。

警告メッセージには、ハッキングされたと思われる具体的なURL例が記載されています。
以下に警告メッセージのキャプチャを掲載します。
当サイトがハッキングされている可能性がありますメッセージ

そのようなコンテンツが見つかった、貴サイトに含まれている URL の例を以下に示します
http://holy-seo.net/blog/seo/warning-site-that-has-been-hacked/

前回の記事のURLですね。。
恐らく、この記事の文面にJavaScriptのソースコード例を記載していたのが良くなかったのだと思います。

一応、サーバーやデータベースに問題が無いか、も確認しました。
万が一、という事もありますので。

やはりハッキングされた様な形跡はありませんでした。
でも、こんな単純な事で警告が来るなら他にも警告が来ているサイトもありそうです。

でも、念のため再審査リクエスト

Googleがページ内の文字列からハッキングされていると勘違いして警告メッセージを送付したのだろう、と感じましたが、警告メッセージを無視するわけにもいきませんので再審査リクエストを送っておきました。

再審査リクエストの内容は以下の様な感じです。
(コピーする前に送ってしまいましたので正確ではありません。。)

サイト(http://holy-seo.net/)がハッキングされている可能性があります。
という警告を受けました。

サイト内部の調査やサーバー内の不正なファイルについて確認を行いましたが、ハッキングされている形跡は確認されませんでした。
警告メッセージの内容を確認した所、

そのようなコンテンツが見つかった、貴サイトに含まれている URL の例を以下に示します
http://holy-seo.net/blog/seo/warning-site-that-has-been-hacked/

上記のURL例に記載されているページの内容が、
Googleから送付されてきた「ハッキングされている可能性があります。」という内容の紹介を行なっているものでした。

ページ内にJavaScriptのソースコードも記載していたので、ハッキングされたWebサイトだと思われたのだと思います。
ハッキングされた事実はありませんので、もし検索結果からの除外などの処理が行われいる様でしたら解除をお願い致します。

再審査リクエスト送付後、すぐに「http://holy-seo.net/ の再審査のリクエスト」のメッセージが届きました。
当サイトの再審査リクエストを受けましたメッセージ

ハッキングされた事実はもちろんありません。
恐らくGoogleの勘違いだろう、と思いましたので上記の様な内容で再審査リクエストを送付しています。
これで、検索トラフィックが激減したら悲しいですからね。。

念のため、前回の記事の文中に記載していたJavaScriptのソースコードは、別の文言に変更しておこうと思います。

でも、参考サイトの例に記載しているリンクのアンカーテキストも、JavaScriptのソースコードなんですよね。
そちらも同じく変更しておきます。。

今回の記事のまとめ

「サイトがハッキングされている可能性があります」というメッセージを受けた時は、かなり驚きました。
メッセージを読んで、すぐに原因が分かって良かったです。

そして、今回のメッセージが完全な自動送信なんだな、というのも分かりました。
警告メッセージの送付した理由と、送付方法が何となく見えただけでも面白い事例だったと思うようにしておきます。
不自然なリンク警告とか、その他の警告メッセージ送付の仕組みとの違いも気になる所ですね。

個人的には、同じ警告文で悩んでいるウェブマスターの方の助けになりたかったので、JavaScriptのソースコードはそのまま記載しておきたかった、というのが本音です。。
ソースコードで検索した場合に検索に引っかかるかも知れませんし。

でも、トラフィック激減も悲しいので、一応、JavaScriptのソースコードは消しておきます。


※本ブログに記載されている情報は、私の見解に基づく場合が多々ございます。
 掲載記事を参考にした事による損害については、その責任を負いかねます。
 自己責任で、掲載情報を参考にして頂ければと思います。



記事の内容は気に入っていただけましたか?
もしも気に入って頂けましたら、下のボタンから共有をお願いします。
共有して頂けますと、運営者がとても喜びます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

ページトップへ