パンダアップデートが日本にも導入!サイトへの影響と対処方法など

2011年2月24日にパンダアップデートという、大きな検索アルゴリズム変更が行われました。
このアップデートにより、検索結果の11.8%が影響を受けたと言われています。
これは、非常に大きなアップデートであり、SEO業界全体にも大きなインパクトを与えました。

ただ、この時点で、日本には導入されておらず、英語圏のみが影響を受けていました。

その更新から、約1年5ヶ月後の2012年7月18日に、日本にもパンダアップデートが導入されました。

この導入により、検索結果の4%に影響があると言われています。

皆様の管理サイトは如何でしょうか?
こういった大きなアップデートがあった際には、心当たりが無くても、変化を見ておくと良いでしょう。
少しだけ検索エンジンの挙動が垣間見えるかも知れません。

更に2012年7月25日に、パンダアップデート通算19回目の更新も行われました。
そちらについて記載している記事もご紹介させて頂きます。

パンダアップデートに関する情報を整理しよう

こういった情報が流れた時は、とにかく公式情報を見るとが大切です。
今回のパンダアップデートの日本への導入は、Googleの公式ツィッターの情報が最も早かったです。

We’re launching Panda for Japanese & Korean. <5% of queries affected (no other languages affected today). Context: http://t.co/jfhxV5BZ
@google
A Googler


英語のメッセージですが、このツィートで公式にパンダアップデートが日本へ導入された事が発表となりました。
日本のGoogleのウェブマスター向け公式ブログでも発表になっています。

Google 検索が、高品質なサイトをよりよく評価するようになりました

検索結果の挙動以外で異変に気付きにくいので、まずは公式情報がどうなのか?
という所に気を付けた方が良いでしょう。

大きな更新が無い限りは、公式発表しない可能性があるのもGoogleです。
そうなると、推測しか無いですね。

実は何度も更新されているパンダアップデートの更新が起こる時には、日本でも大きめの変動がありました。

その為、日本には既に導入済みなんじゃないのか?
という推測もありました。

今回の発表で、ようやく日本に導入された事が分かりました。

変動は急には起こらない

日本に導入されたパンダアップデートは、7月18日との発表がありましたが、その前から、検索結果が割りと大きく動くような事が起こっていました。
多数の検索順位をモニタリングしている方であれば、気付いた可能性もありますが、7月上旬から、大きな変動がある事を伺わせるような変動があったと思います。

SEO関係者のツィートを見ていると、多くの方が反応している事が分かります。
大きな変動が起こる時には、何となく予兆のようなものがある事が多いです。

こうしたシグナルを逃さない為にも、速報性のあるソーシャルメディアなどで、定期的な情報収集を行う事は大切です。

可能であれば、そうした変化に気付ける様に、日頃から検索結果を観察しておくと良いでしょう。

パンダアップデート導入に際して読んでおきたい記事

速報も含めて沢山の記事が、即日アップされていました。
日本への導入から1週間後ですが、情報自体は出揃っていますので、まとめておきます。

まずは、概要を掴みましょう。


Googleパンダアップデートの1周年を記念したインフォグラフィック
まずはインフォグラフィックで一気に確認するのが、一番分かりやすいと思います。
概要を掴むのには最適ですね。


2012年7月18日、パンダアップデートが日本語にも遂に導入。一部で大きな順位変動あり。
1つの記事で、これまでのパンダアップデートに関する更新履歴と、パンダアップデートとは?といった部分や、コンテンツの質や、内容を見るとされるパンダアップデートが、どういった部分を見ているのかを確認する事が出来ます。
総復習の意味でも概要を押さえておくと良いでしょう。


2012年7月18日、パンダ・アップデートが日本語・韓国語対応
概要も記載されていますし、その前に起こった変動についても記載されています。
他のサイトでは、そういった情報はありませんでしたので、恐らく、SEOまとめさんだけが記事にしているのでは?と思います。
分かりやすく簡潔に考察も含めた記事なので目を通しておきましょう。


対処方法と性質を理解しましょう。


【SEO】「パンダ・アップデート対策で見落とされがちな5つの危険」ほか4記事
パンダアップデートは、日本では1年以上導入が遅れていましたが、欧米圏では導入されていました。
つまり、回復に関する事例も含めて情報は出揃っているのです。
回復事例や、コンテンツ制作に関する注意点、考え方に関しては、この記事が分かりやすいです。
メルマガでも情報を得ることが出来ます。
僕も購読しています。


日本到来でパンダアップデートについて再確認
パンダアップデートが日本に導入される1年以上前から、パンダアップデートについての対策や概要を記載されている記事です。
こちらの記事の「パンダ・アップデートに備える(?)今やるべきSEO対策」という4つの記事を見て、対応方法と理解を深めていきました。


Googleパンダアップデート 傾向と対策 通販、求人、旅行、不動産 など
業界に特化した具体的な対処方法は、SEMリサーチさんが詳しいです。
他のブログでも対処方法が書かれているので、お分かりになるかと思いますが、どの記事でも、内容の薄いコンテンツや、重複を解消する必要がある事を述べています。
パンダアップデートに対応するポイントとなりますので理解しておきましょう。


パンダアップデートに関するまとめ記事たち。

まとめのまとめになってしまいますが、有益な情報です。
こちらの記事に目を通しておくと情報収集が楽です。

パンダ・アップデート日本語・韓国語圏導入!で読んだ記事まとめ
日本への導入に際しての情報から、導入ニュース、公式情報、各種ブログ記事から考察で締められています。
読みやすく簡潔にまとまっていますので、お勧めです。


パンダアップデート日本上陸に勝利するために読みたい16の記事
SEOJapanさんが、パンダアップデートについて書き続けた記事のまとめです。
導入から、事例、回復方法、など、16記事をピックアップしてくれています。
海外では1年以上前から導入されていたので、事例や回復方法についての記事も豊富にあります。
ペンギンアップデートに比べると手探り感が少ないのは、そうした先進事例があるからですね。


パンダアップデート対策まとめ
SEO関連ブログを中心に、コメントと共に、見ておくべきブログ記事が網羅されています。
「最後に」の部分の考察は、日本の現状を表しているのかも知れません。
今後、更に日本導入パンダアップデートの状況が分かりつつあるのでしょうね。

2012年7月25日にパンダ・アップデート3.9が実行されました

New data refresh of Panda starts rolling out tonight. ~1% of search results change enough to notice. More context: http://t.co/BkkCFpfR
@google
A Googler

ツィッターで告知があり、日本に導入されてから1週間ほどで、パンダアップデートの更新が告知されました。
精錬雨読さんでは、反応が見られた様子です。
皆さんの管理サイトは影響がありましたでしょうか?

既に、パンダアップデート更新に関するブログ記事もありますので、そちらもピックアップ致します。

Google、パンダ・アップデート3.9を実行。日本語サイトも適用対象か?
通算19回目のパンダアップデートの更新です。
日本導入後、初めての更新ですね。
記事中のデータを見ると、パンダアップデートのタイミングで、一気にトラフィックが減少しており、影響が見て取れますね。
今後の変化にも注目です。
日本導入前からパンダアップデートの更新時は、日本でも影響が見られる事が多かったです。
今後の日本パンダの影響にも注目したい所です。


パンダアップデート3.9が実行される
パンダアップデート更新時に、速報的に記事をアップされていました。
精錬雨読さんでの反応についても、記載してくれています。
順位が飛んだままのサイトもあれば、戻っているサイトもあり、まだ少しパンダアップデートを掴みきるまでは情報が必要な様子ですね。

今回の記事のまとめ

去年2月にパンダアップデートが英語圏で導入された際に、いつ日本に来るのか?とドキドキしていました。
海の向こうの話でしたが、その影響力の大きさだけは、ブログなどを通じて聞いてはいました。

パンダアップデートは、ペンギンアップデートと同じで、アルゴリズムで捕捉されたサイトの順位を落とします。
順位を回復させるには、次の更新を待つしかない事になります。

もし、自分のサイトがパンダアップデートで順位下落をしたと感じた場合は、
  • 中身の薄いコンテンツが多数存在していないか?
  • サイト内に似たようなページばかり存在していないか?
  • 他のサイトと同じコンテンツ(パクリコンテンツや、メーカーサイトから持ってきた商品情報など)が存在していないか?
を確認してみて下さい。
他にもありますが、ざっくりと、この辺りがパンダアップデートで実際に捕捉される可能性の高い部分です。

サイト内の問題であれば、100%対応可能な筈です。
次のパンダアップデート更新時に回復を目指しましょう。

しかし、日本導入後のパンダアップデートの更新は早かったですねw


※本ブログに記載されている情報は、私の見解に基づく場合が多々ございます。
 掲載記事を参考にした事による損害については、その責任を負いかねます。
 自己責任で、掲載情報を参考にして頂ければと思います。



記事の内容は気に入っていただけましたか?
もしも気に入って頂けましたら、下のボタンから共有をお願いします。
共有して頂けますと、運営者がとても喜びます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

ページトップへ