改めてSEO(検索エンジン最適化)についての概要をまとめました

検索エンジンは、日々アルゴリズムのアップデートを繰り返し、ユーザーにとって最適な答えを提示しようと努力しています。

【書評】WordPressで加速させる!ソーシャルメディア時代の[新]SEO戦略マニュアル

WordPressで加速させる!ソーシャルメディア時代の[新]SEO戦略マニュアル

しっかりとSEO関連の書籍について、書評を書くのは初めてです。 ちなみに、今回書評を書く書籍自体は、何度か、このブログ内で紹介させて頂いております。

【インハウスSEO担当者へ】SEOに関するデータ集めは行動するための指標であるべき

SEOをしていると、検索順位に一喜一憂する事も多くあります。 ただ、検索順位を自由に操る事は難しく、1つ1つのキーワードの順位に一喜一憂するのは、正直時間が勿体無いな、と感じる事もあります。

見出し(h要素)タグの適切な使用でサイトの構造化を行う

SEOでは、titleタグと比べると重要性は落ちますが、文章の構造化や、ユーザーの読みやすさを考慮すると、hxタグ(見出しタグ)を適切に使用しておくことは大切です。

ブランドネームからの流入が多いサイトのSEOを考える

ある程度、世間に認知されており、検索流入するキーワードは、殆どがブランドネーム、というサイトは多くあると思います。 公式サイトの場合は、ブランドネームで2位以下のサイトに負ける事は殆どありません。

大量の広告とコピーコンテンツに対してGoogleから具体的な警告が届く

googleウェブマスターツールに届いた「品質に関する問題」

アフィリエイトサイトを運営されている方は、注意した方が良さそうな警告文が、僕の知っているサイトに来ましたので共有しておきます。

手動ペナルティが解除されたら検索トラフィックは戻るのか?

2012年4月27日に、Google社員のkyotaroさんが、Googleのヘルプフォーラムに「再審査リクエスト」にまつわる3つの誤解という投稿をしました。

Googleトレンドを活用してキーワードから流入ユーザーの属性を理解する

Googleトレンドトップ

SEOという言葉も徐々に一般的になって来ました。 5年前と今を比較すると、どちらが一般的か、と言われれば、間違いなく、今の方がSEOという言葉が一般的になって来たと言えるでしょう。

サーバーの障害に備えて検索トラフィックも守りましょう

6月20日午後5時ころに、ファーストサーバーに大規模な障害が起きました。 こういった事態は完全に防ぐのが難しく、セルフディフェンスを徹底するしかありません。

SEOは細かい事を気にするよりも大枠で捉えたほうが良い

SEOブログ記事の原動力は、意外と日々の質問なんだなぁ、と感じています。 質問を貰う中で、どういった事が気になっているのか? を教えてもらってそれを記事にしている感じです。

ページトップへ