不自然なリンクは警告前に外しても大丈夫なのか?やってみた

以前、再審査リクエスト送付後の対応と順位変動について記載しました。

実は、そのサイトに関しては、再審査リクエストのリテイクも何も来なかったのですが、ここ最近、対応を行ったサイトで、再審査リクエスト送付後に「再審査リクエスト」を処理しました。

という返信があったサイトがありました。

1サイトだけなので完全に個別事例ですが、警告に対してキチンと対応すると返信が来る場合もある、という事を覚えておいて下さい。

不自然なリンク警告後の対応

2012年5月9日に以下の様な、不自然なリンクに関する警告が来ました。

不自然なリンクに関する警告

※2012/5/27修正:別の警告メッセージの画像を掲載していた為、画像を差し替えました。

この警告を受けた為、不自然なリンクを一覧にしてまとめ、経緯を報告し、今後は同様の手法を使わない旨を再審査リクエストに記載し、送付を行なっています。

外せるリンク(というより協力的に外してくました)が多くありましたので、比較的楽に対応出来た方だと思います。

ちなみに再審査リクエストを送付したのは警告を受けた当日、2012年5月9日に即日対応しています。

その後、2011年5月11日に以下のメッセージが届きました。

「再審査リクエストを、サイト所有者から受け取りました。」

というものです。

再審査リクエストをサイト所有者から受け取りました

それから、その1週間後の2012年5月17日に別のメッセージが届きました。

「再審査リクエストを処理しました」

というものです。

再審査リクエストを処理しました

一応、このメッセージが来ると再審査リクエストをキチンと処理してくれた、という事になる筈ですので、対応は完了になるのかな、と思います。

これでクリーンな状態で再スタートが切れますね。

実際、順位はどうだったのか?

2キーワードの順位変動についてデータがありますのでサンプルとして示します。

キーワード1

キーワード1の順位推移

キーワード2

キーワード2の順位推移

2キーワードともミドルワードくらいの難易度を想定して頂ければと思います。

キーワード1は4月の末に順位が急落し、現在も特に動きはありません。

キーワード2は、警告前後でもあまり順位変動はありません。

ただ、きちんとリンク解除を行なって、再審査リクエストを送り返信が貰える事と、再警告に怯える必要が無くなりますので、ある意味、次の一手に全力を注げる状態になるのは間違いありません。

何度対応しても、リンクを外して再審査リクエストを行うのは苦痛だな、と感じます。

その時間をコンテンツなり、サイト内部の改善に使ったほうが絶対に有意義です。

今回、僕が記事にしているのは、1サイト2キーワードだけの情報なので全てのサイトやキーワードで同じ様な変動が起こるわけでは無い事をご理解下さい。

こういった事を正確に説明出来るのはGoogleだけです。

警告が来ていなくても自演リンクは除去したほうが良い?

僕は契約前にサイトのバックリンクの状況はOpen Site Explorerでチェックしており、その時点で大量の自演リンクには気付いていました。

その数カ月後に実際に被リンクに関する警告を受けましたが、いつか警告を受けるだろうと思い、被リンクのリストを準備し、自演リンクは少しずつ外すように動いていました。

リンクを外し終わった頃に被リンクに関する警告が来ましたが、既に対応済みである事を即日伝えることが出来ました。

恐らくGoogleは相当な調査を重ねて被リンクに関する警告を送っているのだと思われます。

なので、自演リンクを外し終わった後に警告が届く、なんて事もあるのでしょう。

ただ、リンクを外し終えた4月末頃に順位が急落していますので「余計な事をしたかな」という焦りはありました。

結果として、警告が来ましたので、ハリボテの順位(上位表示はしていませんが)に間違いは無かったわけです。

Googleはやはりお見通しでしたね。

ちなみに簡単な自演リンクの見分け方ですが、狙っていると思われるキーワードのアンカーテキストでのリンクが大量にある場合は割と自演リンクを行なっている可能性が濃厚です。

今回がまさにそうでした。

更にサイトを見てみて、意味不明な文章からのリンクだったりすると自演リンクと見て間違いないかと思います。

どうせバレる自演リンクなら、言われる前に片付けてしまいましょう。

最近は自演リンクに気が付いた場合は、外せるかどうかも含めてリストを作るなど対応をするようにしました。

僕は「勉強しろ」と言われるとヤル気が無くなるタイプだったので、言われる前にやってしまう方が自分の性に合っているみたいですw

余談ですが、今回のサイトの場合は、大量の自演リンクの同一アンカーテキストに記載されていたキーワード1のみで順位下落していました。

キーワードの難易度やサイトの状態など様々な要素がありますので短絡的な事は言えませんが、面白い偶然だな、と思いました。

もちろん、自演リンクを外した事による影響もあるかも知れません。

かなり不自然なペースでリンクを外している、と思いますので、その影響もあると思います。。

結局よく分からないですね。

完全な余談でしたw

今回の記事のまとめ

まだ、警告を受けた対応をしてから1週間程度のサイトなので、順位が下落したキーワードも、この後、サイトの状態を整えながら、改めてリンク獲得を目指す中で回復していくのでは無いかと思っています。

その辺りは動きがあれば、改めて記事にしたいと思います。

いつまで経っても記事にならなかったら察して下さいw

今回の記事中にも書きましたが、自演リンクがある場合、いつ警告を受けるかなんて分かりません。

今日、受けなくても明日受けるかも知れないのです。

時々、良いサイトなのになぁ、と思うサイトが被リンクの警告を受けると何とも言えない気持ちになります。

そんな事をしなくても評価されるのに、と思っています。

皆さんのサイトは何位くらいが妥当だと思っていますか?

自信を持って「自分のサイトが一番だ!」と言える人は、どれ位いるのでしょうか?

今現在、他のサイトと比べて、負けているな、と思う部分があるのなら、弱点を強化すれば良いと思います。

サイトの弱点を指摘して一緒に改善する、という意味では僕らSEO業者は役に立てるかも知れません。

(スイマセン、最後に思いっきりSEO業者の宣伝をして終わりますw)

※本ブログに記載されている情報は、私の見解に基づく場合が多々ございます。
 掲載記事を参考にした事による損害については、その責任を負いかねます。
 自己責任で、掲載情報を参考にして頂ければと思います。



記事の内容は気に入っていただけましたか?
もしも気に入って頂けましたら、下のボタンから共有をお願いします。
共有して頂けますと、運営者がとても喜びます。



“不自然なリンクは警告前に外しても大丈夫なのか?やってみた” への1件のコメント

  1. […] からないからあらかじめリンクを外しておいたらどうなるか という事例がSEO Imagination!の不自然なリンクは警告前に外しても大丈夫なのか?やってみたという記事で公開されています。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

ページトップへ